Home

ロブスター 映画 ラスト

『ロブスター』は年の映画。『ロブスター』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画. · ネタバレ・・・・・・・『ロブスター』について。ネタバレ・・・・・・①冒頭部分で女性が馬?を撃っていたのはどういう意味があるのですか?②森の中の人たちはどうやって食料を確保してるのでしょうか?③レア・セドゥとホテルのメイドの関係はどういうものなのですか?④レア・セ. 年『ヘルボーイ』は設定もストーリーもかなり原作に忠実でした 。.

一人でも生きていける。でも、人を愛することを知ってしまったら、相手の欠点も共有して共に生きていけたら。。。という、あり得ない理想のラスト。。。。。。 2日経っても考えさせられる、凄い映画です。 久々のレイチェルワイズ、やっぱ好き!. · のんが主演の映画「私をくいとめて」が、12月18日(金)より全国公開される。この度、本作とny発のロブスターロール専門店「luke’s lobster. 年9月5日. ロブスター ネタバレ 勝手なラスト考察あり ロブスター 映画 ラスト 一人でも生き.

レジスタンスの一員として、デヴィッドはホテル勢力との戦いに身を投じることとなりましたが、同じレジスタンスの近視の女と徐々に親しくなっていきます。そんなある日、デヴィッドはリーダーとともに街へ買い出しに行くことに。街の警官に独身と怪しまれないように、リーダーは仲間の中年男と、デヴィッドは近視の女とカップルを演じることとなりましたが、デヴィッドたちはまるで本物のカップルのような雰囲気を醸し出していました。そして、リーダーの実家に行った際、デヴィッドは近視の女に優しくキスをしました。リーダーはこのキスをデヴィッドの熱演と勘違いし満足していましたが、この一件以来、二人は愛し合うようになっていきました。 その後、レジスタンスはホテル襲撃を計画します。その目的は、ホテルに暮らす男女の愛が本当のものなのかどうか試すことでした。リーダーはホテルの管理人とそのパートナーに銃を突きつけると、二人はあっけなく愛のもろさを露呈。デヴィッドはヨットで過ごす鼻血が出やすいカップルを訪れ、足の不自由な男が鼻血を自演していたことを鼻血が出やすい女に告げると、たちまちカップルの雰囲気は最悪なものに。ホテルで育まれた愛が薄っぺらかったことを暴き出し、レジスタンスたちは勝利に沸くのでした。 その後も、デヴィッドと近視の女の愛は続き、二人は他のレジスタンスに関係が気づかれないよう独自のサインを考え出しました。その数週間後には、二人は口を開かずとも会話ができるようになっていました。しかし、そんなある日、二人の関係にリーダーが疑問を抱くようになってしまいます。いつものように街に買い出しに出た際、実家で両親のクラシックギター演奏を聴いていると、デヴィッドと近視の女がロマンティックな旋律に合わせて激しいキスをし始めたのです。演技にしてはあまりにも親しすぎる二人の様子をリーダーは危険視するのでした。. 物語の舞台は、独身であることが許されない近未来の社会。その社会では、独身の人々を人里離れたホテルに収容し、パートナー探しをさせるという制度がありました。独り身の男女たちは結婚することの素晴らしさを教えられ、パートナーを見つけた男女は祝福を受けられる一方、男女の恋とは相反する事柄、例えば自慰行為は厳しい処罰の対象となっていました。さらに、ホテルに収容後45日以内にパートナーを見つけられない場合は恐ろしい罰が待っていました。それは、動物に変えられ森に放たれてしまうというものでした。唯一の救いは、変えられる動物を自分自身で選べるということくらいなもので、ホテルに暮らす独身の人々は期限が切れる日が来ることを恐れながら暮らしていました。 そんなある日、妻に先立たれた中年男が新たにホテルに収容されることになりました。男の名前はデヴィッド、数年前に犬に変えられた兄とともに101号室に入居することとなりました。入居後すぐにホテルの支配人からなりたい動物を尋ねられると、デヴィッドはロブスターと答えました。「100年以上も生きられるし、貴族みたいに由緒があって、死ぬまで生殖能力がある」というのがその理由でした。 デヴィッドは入居後すぐに滑舌の悪い男と足の不自由な男と友人になったものの、なかなか女性と親しくなれずにいました。また、45日の期限を延長するにはホテルの森に潜む独身者のレジスタンスを狩ることが必要でしたが、そこでもデヴィッドはレジスタンスに麻酔銃を命中させられず、結果を出せずにいました。. コリン・ファレル, レイチェル・ワイズ, ジェシカ・バーデン, オリビア・コールマン, アシュレー・ジェンセン, アリアーヌ・ラベド, アンゲリキ・パプーリァ, ジョン・C・ライリー, レア・セドゥ, マイケル・スマイリー, ベン・ウィショー, ヨルゴス・ランティモス 邦画・洋画のDVD・Blu-rayは. 映画 ミストの強さランキング作った!!!! 引用元: 映画好き名無し /09/24(月) 12:57:52. . ロブスター【映画感想・評価】独身者は人間失格!?ラストの結末に自身の恋愛観が浮き彫りになる! - アバウト映画公園. 映画『ロブスター』を U-NEXTで今すぐ観る. 「自己愛」という点を踏まえて、オープニングとラストシーンについて語ろう。 オープニングで牛を射殺する女が意味するものは、愛した相手が、自分ではなく動物(この場合は牛)になることを選んだのを許せなかったからだ。 エンディングで、盲目の女が一人待ちわびているまま終わるのは相手の愛を信じ待ちわびる女と、自己愛のためにそれを裏切った男という意味だ。 この二つのシーンは「裏切り」と「復讐」という点でそれぞれ呼応しており、共通しているのは「自己愛」を貫くという点だ。 オープニングにおいて、先に裏切ったのは相手だが、相手を殺すことで自分の気を晴らすのはやはり自己愛だ。 そして相手の愛を受け止めきれず、動物に変わるのもまた、自己愛の結果なのだ。 本作は、そうした自己愛の結果が、動物に変わってしまうこと。 さらには、もう一歩踏み込んでそんな動物は、殺されてしまうところまでを描いているのだ。 輪廻転成までを考えていたかは微妙だが、オープ二ングとエンディングで描かれているということはループ的な意図を感じさせる。 殺されたのちまた人に生まれ変わり、自己愛のために動物にされ、そして殺される。 本作は、愛の不条理を描きながらも、相手を思いやる愛が分からずに繰り返し続ける物語でもある。 もう少しそれぞれのシーンを、紐解いてみたい。.

監督: ヨルゴス・ランティモス 脚本: ヨルゴス・ランティモス、エフティミス・フィリップ 配給: ファインフィルムズ 製作国: ギリシャ、フランス、アイルランド、オランダ、イギリス 公開: 年3月5日(日本) 出演: デヴィッド – コリン・ファレル 近視の女 – レイチェル・ワイズ 独身者たちのリーダー – レア・セドゥ メイド – アリアーヌ・ラベド 滑舌の悪い男(ロバート) – ジョン・C・ライリー 足の悪い男(ジョン) – ベン・ウィショー 鼻血を出す女 – ジェシカ・バーデン ホテルのマネージャー– オリヴィア・コールマン. 年、アメリカ。 陣痛が来た妻ケイト・コールマンを連れて、夫のジョンが病院へ運び込みます。 ケイトは3回目の経産婦で、生まれてくる子どもに「ジェシカ」と名付けるつもりでした。 ところが病院の廊下で急に大出血を起こしたケイトは、生まれてきた子が見るもおぞましい血まみれの赤ん坊だと見せられて、絶叫します。 それは、ケイトが見ていた夢でした。 ケイトにはダニエルという息子と、マックスという娘がいましたが、3人目の子どもを死産していました。 その心の傷から立ち直れず、それでケイトは悪夢に悩まされていました。 ケイトが苦しむのを見た夫・ジョンは、孤児院へ行こうと話します。 長男のダニエルは生意気ですが順調に育っています。 娘のマックスは生まれつき難聴の障害を持っており、補聴器をつけていました。ハムデン聾(ろう)学校に通っています。 母・ケイトとは手話で話します。兄のダニエルは、手話をあまり覚える気はありません。 マックスに絵本を手話で読み聞かせしていたケイトは、死んだ娘・ジェシカのことを思い出してふさぎこみます。 そんな情緒不安定な自分が嫌になったケイトは、夫の勧めるとおり孤児院で養女をもらおうと考えました。 次の休みの日、ジョンとケイトは『聖マリアナ女子孤児院』へ行きます。 ロブスター 映画 ラスト ケイトは集合室に集まる女児を見ていましたが、設計士のジョンは建物の各部屋をチェックしていました。そこへ、教室の奥に1人の少女がいるのを見つけます。 その少女・エスターは絵を描いていました。ユニークな絵です。 ジョンを相手にしても利発な話し方をするエスターを見て、ジョンは好もしく思いました。 あとでやってきたケイトも、エスターに好感を抱きます。聡明で、悟っている印象を受けます。 シスター・アビゲイルは、「エスターは9歳の少女で、ロシア出身。この数年で英語を学んだ」と話しました。 ロシア出身のエスターを最初に引き取ったアメリカの家族は、火事で他界してしまったそうです。 そんな身の上を聞いてジョンとケイトは、エスターを養女に迎え入れる決意をしました。 エスターは首と手首にリボンを巻いており、絶対に外そうとしないということを、シスター・アビゲイルは2人に伝えます。 ロブスター 映画 ラスト そのまま家に連れ帰ったケイトは、車中でダニエルとマックスのことを話しました。マックスのために、簡単な手話をエスターに教えます。 年齢的に. ロブスター 結末・ラスト(ネタバレ) 森へ逃げ込んだデヴィッドは、”独身者たち”のリーダー(レア・セドゥ)に助けられた。 しかし、この森では、”一生独身でいられるが、ナンパ目的で異性と話をしたりダンスをすることは出来ない”という掟があった。. この牛は自分の伴侶と不倫関係にあり、牛となっても許せず殺した。 3. ロブスターの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。アカデミー外国語映画賞ノミネート作「籠の中の乙女」で注目を集めた. ロブスター 作品 Yahoo 映画.

。今日も完璧な手術を終えた心臓外科医のスティーブン。 自尊心の高い彼は同僚である麻酔医のマシューとともに、腕時計の防水加工の話などしながら時計の買い替え相談をしています。 アメリカのオハイオ州シンシナティ郊外の豪邸に住むスティーブンには、良妻賢母妻のアナと、その間に生まれた思春期の娘となったキムと、おしゃまでちょっぴり反抗期の息子ボブがいます。 スティーブン家族は、4人で何ひとつ不自由のない暮らしを過ごしていました。 しかし、スティーブンにはアナと子どもたちに内緒に隠していることがありました。 以前に執刀医を担当した際に亡くなった患者の遺族である16歳の青年マーティンと、病院内での面会は拒むものの、院外での奇妙な密会関係を続けていました。 スティーブンは自身が手術を行ったことで、マーティンの父親が命を落としたのではないかと、罪悪感を抱いています。 自尊心が人一倍高いスティーブンは、後ろめたさがあり、マーティンの精神的なケアに留まらず、腕時計のプレゼントや金銭も援助をしていました。 マーティンもスティーブンに感謝しながら、まるで頼り甲斐のある父親をのように好意を持っています。 ある日、スティーブンは自宅にマーティンを招待します。 妻アナ、娘キム、息子ボブは、マーティンの礼儀正しさや手土産の気遣いなど、人柄の良い青年を受け入れました。 なかでも初潮を迎えたキムは、マーティンに好奇心を抱き、恋心を抱き始めます。 それから数日後、スティーブン家族が外出する支度をしていると、ボブがベットに座ったまま、足が麻痺して動かなくなってしまいました。 はじめは息子の悪ふざけだと思っていたスティーブンですが、嘘ではない様子に慌ててボブを抱きかかえ、勤務する病院に自家用車で連れて行きます。 しかし、病院で専門的に検査を繰り返し行いますが、足の麻痺は原因は不明で、医療的な診断結果は健康そのままだという同僚の医師から判断が下されます。 また、マーティンはボブが入院したことをきっかけに、頻繁に病院に訪れるようになるとスティーブンの前に現れるようになりました。 マーティンは強引にス. オープニングは女が車を運転しているシーンだ。 ある地点についたらおもむろに下車し、目の前にいる牛のうちの一頭に二度発砲する。牛が倒れたところで、タイトルクレジットとなる。 人が動物になるという奇怪なルールから察するに、この牛は以前は人間だったのだろう。 でも、なぜこの女性はこの牛を殺さなければならなかったのだろうか? 私は、この牛が以前人間だったとき、この女性を裏切ったからだと考えている。 牛となってなお、相手の裏切りが許せなかったのだ。 これは、前述した「自己愛」というテーマとラストシーンと結びついて出した結論である。 その前に、この牛を女が殺す動機について、いくつかの案を却下した理由を説明しよう。 私は、4つ程パターンがあると判断した。 1. エスターはジュースを買いに行くと祖母に言い、こっそりダニエルの部屋に入ると酸素吸入器を外しました。脈に変動があると警告音が鳴るので、装置は自分の指に挟みます。 心拍停止になったのを確認してから、エスターは装置と吸入器を戻しました。 心停止のアラームを聞いて、医師たちが駆け付けます。 取り乱すケイトはエスターを平手打ちし、暴れるケイトに鎮静剤が打たれました。そのままケイトは病院で一泊入院させられます。 この時にケイトに着信があったのですが、ケイトは鎮静剤で眠ったので知りません。 ダニエルの蘇生は成功しました。 ジョンはマックスとエスターを連れて、病院から帰宅します。 夜、エスターは眠っているマックスの補聴器を盗みました。 意気消沈したジョンのもとへ、ケイトのスリップ姿で現れた化粧を施したエスターは、ジョンを慰めます。 エスターはジョンに色仕掛けをしますが、ジョンは拒みました。 腹立たしく思ったエスターは、部屋に戻ります。 病院で目覚めたケイトは、再びの着信を取りました。 相手は〝サールン・インスティチュート〟の医師・ヴァラヴァからで、「エスターが話の聞こえる場所にいないか」と確認したうえで、「家族を安全な場所に避難してから通報しろ」と言います。 ヴァラヴァ医師は、エスターにまつわる恐ろしい事実を話します。 エスターの見かけは少女ですが、本当は少女ではありませんでした。 エスターは本名を「リーナ」と言い、珍しいホルモン異常、下垂体性機能不全という病気です。いわば発育不全の病気で、見た目は9歳の少女に見えますが、生まれたのは1976年でした。現在は33歳の女性です。 にわかには信じられないケイトに、ヴァラヴァ医師は「首に傷跡はないか」と言いました。 〝サールン・インスティチュート〟精神病院では、リーナことエスターが暴れるので、拘束衣を着せていたそうです。それでも暴れるために、エスターの首と両手首には、拘束衣の跡がついているはずだと言いました。 首と両手首に常にリボンを巻いていることを思い出し、ケイトはぞっとします。 歯医者の診療を避けたのは、入れ歯を知られるのを避けるためです。 ヴァラヴァ医師は「彼女は危険人物で、私の知る限りで最低7人は殺害している」と言いました。 エストニアで引き取られた先の家庭で父親を誘惑し、それに失敗すると家族を皆殺しにし、家に火をつけて焼い. ロブスター 映画 ラスト この牛とは不倫関係にあり、牛になったことが不憫で殺した。 2. See full list on cinemarche.

映画『ロブスター』作品紹介 (C) Element Pictures, Scarlet Films, Faliro House Productions SA, Haut et Court, Lemming Film,The British Film Institute, Channel Four Television Corporation. ロブスター のユーザーレビュー。映画を見るならレビューをチェック!ストーリーや演出などの評価もあります。. ロブスター 映画 ラスト この記事に対して6件のコメントがあります。コメントは「新宿シネマカリテで映画『ロブスター』を見た。ストーリーも映像もヘンテコな映画。ラスト、いったいどうなったんだろう? 残虐な女にちょっと笑った。」、「亀かな。」、「45日間恋人がいない人は罰として動物に変えられて. 映画『ロブスター』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。原題:The Lobster製作国:アイルランド・イギリス・ギリシャ・フランス・オランダ・アメリカ(年)日本公開日:年3月5日監督:ヨルゴス・ランティモス. 非常に秀逸なシーンだ。 盲目の女がレストランでデヴィットを待ち続ける。 30秒以上の長回しで盲目の女を写し続ける。 デヴィットは、盲目の女との愛を確立するために自分もまたナイフとフォークで自らの目を突き刺して盲目になろうとトイレへ立つ。 とうとう盲目の女の前にデヴィットは姿を見せぬままエンドロールが始まる。 私は、デヴィットは愛の決断を出来なかったと考えている。 もちろん「自己愛」ためだ。 ゆえにこのラストシーンはとても素晴らしい。 このラストシーンの間(ま)の中には、裏切られるまでは「真実の愛」が込められている。 盲目の彼女は待ち続ける限り「真実の愛」を保ち続けることができるのだ。 と同時に、裏切られてしまった行き場のない愛の切なさも感じ取ることが出来る。 どちらの見方であっても、とても情感豊かに観ることが出来る素晴らしいシーンだ。 私は、後者、愛の不条理を感じた。 この余地を残している点がとても良い。 ヨルゴス・ランティモス監督は、他作品「籠の中の乙女」「聖なる鹿殺し」でもラストシーンはいつも観客にそのシーンの意図を投げかけて終わる。 私は、そういった作品が大好きなので、とても共感できる。 作品創造に、観客が巻き込まれる楽しさが用意してあるのはとても嬉しいことだ。 そこからまた面白いのは、それぞれの人がどう判断したかを知ることでもある。 なので私は、自分の考察をここにお伝えしたい。.

More ロブスター 映画 ラスト videos. この牛は、元パートナーで、牛になったことを知り不憫で殺した。 4. デヴィットと女を繋いだものは「近視」である。 しかし、女はデヴィットと恋仲になり、逃げ出そうとしたことまでが明るみになり、シングルゲリラのリーダーによって盲目にされてしまう。 デヴィットは、近視の女が盲目になる前に、話している男が近視かどうかをもの凄く気にするシーンがある。 ロブスター 映画 ラスト それは、彼女と自分だけをつなぐ共通点だからであり、他の男とも同じであったら自分達は運命の相手ではなくなってしまうかもしれないと考えたからだ。 つまり「近視」という共通点=運命の愛であり、「近視」から”盲目”になった女は運命の相手ではありえない。 この獲得した運命の愛のために、再び”盲目”という共通点を結ぶことができるか?という逆説的な問いこそ、本作のラストシーンが提示したものだ。 相手への愛のために盲人と化し、目に見えるものではなく、愛だけを信じて生きるか。 それとも 自分への愛のために、目に見えるものを信じ、動物に変身して生きるか。 本作が観客に提示したものもまた、この点なのではないだろうか。 結局、獣を選ぶと理不尽な世界の中で、輪廻を繰り返し続けるという強烈な皮肉を込めていたのだと思える。 これは余談程度の補足だか、興味深いことに、ナルキッソスの話はやや続きがある。 水鏡に自分を見出す数年前に、ナルキッソスは盲目の預言者テレーシアに占われ「己を知らないままでいれば、長生きできるであろう」と予言されている。 ラストシーンは、信託だったのかもしれない。 【関連作品】 こちらの方が、意味深度高い作品です! 元祖!ヨルゴス印。イかれた世界観で、真面目にボケるシュールコメディの傑作。 「女王陛下のお気に入り」は現在、絶賛上映中!! (考察ブログもありますよ!観た方はぜひ感想シェアしましょう) 映画「ロブスター」のあらすじと結末をネタバレ解説。動画やキャスト紹介、レビューや感想も掲載。ストーリーのラストまで簡単解説します。 /9/1 更新. . 031 ID:UreZd9Fw0 SSS 米軍 S 霧 A リボルバー B レプリー先生 C. もちろんはじめまして。ささやかです。 今回は昨日観た映画「ロブスター」について書こうと思います。批評でもレビューでも感想でも名目はどうでもいいのですが、要は私が映画を観て思ったり考えたことを書こうかなあーって訳です。.

,7点序盤だけを見終えたところで自分なりにラストを予測してみましたが、どうなんでしょうか 当たるかな?. この牛は、元パートナーだったが、ある理由で自分を裏切り逃げた。後に牛になったが、女は自分を裏切ったことが許せず殺した。 私は、この中で4だろうと思う。 1、2はありそうな話ではあるが、本作において「不倫」は一度も語られない。 不倫した人々がどうなるのか?そもそもいるのかすら分からないのだ。 もし不倫絡みなら、その事を本編で少しでも語っているだろう。 なので、本作としてはこの二つではなさそうである。 3は世界観的にないだろう。 誰かや自分を裏切る、偽る、だますエピソードは何度も出てくるが、相手の気持ちを思い、真実思いやりで親切をしている人間はただの一人も出てこない。 そもそも兄である犬をデヴィットは連れて歩いている。 「不憫だから死なそう」という世界観ではない。 一つ一つ却下すると、おそらく4だけはありえそうだと思う。 意味付けとしては、前述したラストシーンと呼応しているいう点が挙げられる。. リーダーは近視の女の日記を読み、デヴィッドと恋仲にあること、そして、二人で森から逃げ出そうと考えていることを知るとすぐに、残酷な処罰を近視の女に下しました。視力矯正の手術と偽り、近視の女から視力を奪ったのです。森に戻ると、近視の女は目の異変に気づき、目が見えないながらもリーダーにナイフで襲いかかりました。リーダーは部下を身代わりにして攻撃を避け、近視の女に落ち着きを取り戻すよう諭すのでした。 デヴィッドは近視の女の失明にショックを受けながらも、懸命に彼女を支えようと力を尽くします。コップやボール、様々なものを近視の女に触らせ、少しでも生活しやすいようにとリハビリを手伝ったのです。そして、デヴィッドはある大きな行動に出ることを決心します。それは、リーダーを襲い、二人で街へと逃げることでした。 デヴィッドのリーダー襲撃はさほどの苦労もなく成功しました。デヴィッドに気絶させられたリーダーが目覚めると、全身を拘束され猿轡をされた状態で森の穴の中に横たわっていました。その周りにうろつく野犬二頭に、リーダーは恐怖の表情を浮かべていました。 その翌朝、デヴィッドと近視の女は誰にも見つかることなく街へとたどり着き、喫茶店へ入りました。そこでデヴィッドは近視の女と同じように自らの目を失明させようと考えていました。近視の女に「最初は変な感じだけど慣れるわ」と励まされ、デヴィッドはステーキ用ナイフを持ってトイレへと向かいました。口にペーパータオルを詰め込み、自らの目にナイフを突き刺そうとするデヴィッド。近視の女は一人席に座り、デヴィッドの帰りをいつまでも待っていました。. 年前後、世界の映画界で「グリーク・ウィアード・ウェーブ(Greek Weird Wave)」と呼ばれる現象が起きた。財政破綻を迎えていたギリシャから. ロブスター ヨーロッパ映画を観よう. (C) EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television ロブスター 映画 ラスト Corporation, New Sparta Films Limited 切開した胸部で脈打つ心臓. (C) EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited 【公開】 年(イギリス・アイルランド映画合作) 【原題】 The Killing of a Sacred Deer 【脚本・監督】 ロブスター 映画 ラスト ヨルゴス・ランティモス 【キャスト】 コリン・ファレル、ニコール・キッドマン、バリー・コーガン、ラフィー・キャシディ、サニー・スリッチ、アリシア・シルバーストーン、ビル・キャンプ 【作品概要】 『籠の中の乙女』は第62回カンヌ国際映画祭にて「ある視点」部門のグランプリ。そして『ロブスター』で第68回カンヌ国際映画祭にて審査員賞を受賞したヨルゴス・ランティモス監督が、再びコリン・ファレルと第70回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞したスリラー映画。 アナ役には第70回カンヌ国際映画祭で本作を含む出演4作品がエントリーされ「カンヌの女王」と呼ばれたのニコール・キッドマンが演じ、謎の少年マーティンを『ダンケルク』のバリー・コーガンで務めています。. ロブスター(TheLobster)という映画を見ました。途中まで面白かったのですが、最後はどういうことだったのでしょうかね。「ん???」という感じで終わってしまいました。 失明したのか、逃げ出したのか、もしくはロブスターになったのか、あのラストに正解はないと思います。見た人の.

本作の監督であるヨルゴス・ランティモス監督作「聖なる鹿殺し」でも、ギリシア神話をモチーフにしており、公式には何も言われてはいないが、本作においても関係があると思われる。 そもそも人間が動物に変身する物語といえば、ギリシア神話を思い浮かべる人も多いはずだ。 そして有名な話に現代のナルシストの語源となった「水仙に変身したナルキッソス」の寓話がある。 というものだ。 この寓話こそ、本作においてのモチーフなのではないだろうか。 結婚せず、シングルのままでいるものを動物に変えてしまう世界。 その中で結ばれる二人に、一貫して共通するものは互いの”共通点”である。 「歌が好き」「よく鼻血が出る」「近視」である。. 出典: 映画『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』公式Facebook.